So-net無料ブログ作成
検索選択

ザ・シューター  極大射程 [映画]

【個人評価  ★★★★★☆ / 満点は10個】

”ボーン・アイデンティー”のジェイソン・ボーン シリーズと
同じ匂いを感じて観に行ってきたんですが、やはり
その通りだった。
面白い!
マーク・ウォールバーグさんが演じる、ボブ・リー・スワガーは
かっこいいですね~
高潔な軍人というのはこうゆう人のことを言うんでしょうね。
とてもいい!
アクションとサスペンスがとてもうまく構成されていて、
巨大権力と、スペシャリストの戦いに、最後まで油断できない。

狙撃手の恐ろしさは、なかなか知られていないけど、その恐ろしさがよく表現されている
と思う。狙撃手の中には特殊な性格の人物がいて、知る人間には、ある部分で恐れられる。
また、狙撃手はその存在が知られないことが最も重要な要素である。
そのためには、狙撃は1発で決めるのが必要となるが、敢えて、重傷を負わせ、救出者を
待つなんていう悪魔のような人間もいる。
とても恐ろしい。
スワガーはそうゆう狙撃手ではないが、超一流の狙撃手。
そして愛国心が人一倍強い。
ボブ・リー・スワガー シリーズとして、継続しないかんぁ~
勝手に期待!

※DVDは出たら、すぐ買いそう。


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 1

taha

あっしも、ジェイソン・ボーン シリーズと同じ匂いを・・でございました。
でも、期待します。ハリウッドはシリーズもので稼ぐ傾向が強いですからネ!
ウォールバーグも超イケメンで無い所がヨイですっ。
キアヌ・リーブスでなくて良かったかな・・。
by taha (2007-06-12 23:12) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。